シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

CSR(企業の社会的責任)

社長メッセージ

価値の高い検査・診断技術を創出し、医療の発展に貢献

シスメックスは、グループ企業理念「Sysmex Way」において「ヘルスケアの進化をデザインする。」をミッションに掲げ、医療の発展と人々の健やかな暮らしに貢献することを目指しています。

近年、先進国では高齢化や医療ニーズの多様化、新興国では人口の増加、医療インフラの整備が急速に進んでいます。また、開発途上国においては、HIV/AIDS、マラリア、結核などの三大感染症に加えて、エボラ出血熱などの新たな感染症への対応が重要な課題となっています。このような環境変化の中、疾病の予防や早期発見、治療方針の決定に重要な役割を果たす「検査」に対する期待はますます高まっています。

シスメックスは、創業以来、高度化・多様化する検査ニーズにお応えし、現在ではヘマトロジーをはじめとする検体検査分野における製品・サービス&サポートを世界190カ国以上にお届けしています。また個別化医療の実現に向けた研究開発の取り組みを加速させるために、研究機関や大学、病院、企業との共同研究を進め、身体的負担の少ない血液を用いたがんの早期発見、患者さん一人ひとりに合った最適な治療の選択など先進的で価値の高い検査・診断技術の創出を目指します。さらに、これまで培ってきたノウハウやネットワークを活かして、認知症の次世代診断薬の共同開発にも着手しました。これからも環境変化にスピード豊かに対応していくとともに、ヘルスケアの進化に貢献する新しい価値の創出に努め、世界中の人々の「健康でありたい」という願いに応えていきます。

ステークホルダーの皆様に「安心」を提供

シスメックスは、企業理念と行動基準の実践を通じてステークホルダーの皆様に「安心」をお届けするという考え方を大切にしています。医療の発展への貢献はもとより、お客様、従業員、取引先、株主様、環境を含む社会に対して、どのように「安心」をお届けするかを行動基準で具体的に示し、事業活動に取り組んでいます。

また、2011年2月より、国連グローバル・コンパクト(GC)に参加し、2015年度に策定した「CSR中期計画(2015~2017年度)」では、GCが定める「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」に関する10原則などを参照しています。今後は、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」なども考慮したうえで、シスメックスにとって重要な取り組み課題を明確にし、グローバル企業としてCSR活動をさらに積極的に進めていきます。

シスメックスはこれからも、事業活動を通じた豊かな健康社会づくりをはじめ、環境活動や社会貢献活動などにも積極的に取り組み、世界中の人々に「安心」をお届けし続けることで、皆様からの期待に応えられるよう努めてまいります。ステークホルダーの皆様には、今後とも一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2016年7月

代表取締役会長兼社長        
CSRへ戻る