シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

CSRマネジメント

基本的な考え方・体制

基本的な考え方・体制

シスメックスグループのCSRは「Sysmex Way」の実践を通じて皆様に「安心」をお届けすること

シスメックスグループのCSRとは、グループ企業理念「Sysmex Way」の実践を通じて、ステークホルダーの皆様に「安心」をお届けすることと考えています。

「Sysmex Way」は、企業活動の最も基本的なあり方を示したもので、シスメックスグループが社会に貢献し、そして成長し続けるために必要なMission、Value、Mindの3つの要素で構成しています。Missionでは、創業から取り組んできた検体検査分野を事業の核としながら、より広く、より深く人々の健康に関わるヘルスケアの領域での進化に挑戦し、豊かで、健やかな、歓びに満ちた社会づくりに貢献していくことを表明しています。

さらに「行動基準」では、お客様、従業員、取引先、株主様、社会というステークホルダーの皆様に対する具体的な提供価値を明確にしています。例えば、社会に対しては、法令遵守はもとより、常に高い倫理観に基づいた事業活動を推進し、社会の全ての皆様に安心をお届けしていくことや、環境問題をはじめ地球や社会が抱えるさまざまな問題の解決に、社会とともに取り組んでいくことを大切にしています。

CSR推進体制

上記の考え方に基づき、コンプライアンスやリスクマネジメント、環境などのCSRに関する主要テーマについては役員を委員長とする各種委員会を設置して活動を推進しています。また、CSR活動の企画・立案および推進、社内外へのCSR情報発信などを行うCSR担当役員および、専任部署としてCSR・環境推進部を設置しています。

マテリアリティの特定やCSR中期計画の策定など、CSRに関する重要なテーマは、取締役が参加する経営会議にて審議・報告しています。また、社会からの期待・要請を整理して取り組み課題を洗い出し、関連部門にフィードバックすることで各部門の実行計画・活動に展開し、PDCAサイクルを回しています。

CSRマネジメントへ戻る