シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

CSR(企業の社会的責任)

リスクマネジメント

リスクマネジメント体制

委員会を設置してリスクマネジメントを推進

グループ全体のリスクマネジメント活動を統括する組織として、最高責任者「リスクマネジメントオフィサー(RMオフィサー)」を委員長とする「リスクマネジメント委員会」(RM委員会)を設置しています。RMオフィサーはシスメックス株式会社の専務執行役員が務めており、RM委員会においてグループとして事業に与える影響が大きい重要リスクの特定や、各部門・関係会社が実施したリスク対策・モニタリング結果を継続して監視しています。

通常のリスクマネジメントに関してはRM委員会以外の各委員会および部門・関係会社が自律的に業務リスクに対応し、RM委員会ではグループの重要リスクに対応するよう、責任と役割を明確にしており、迅速かつ確実にリスク対応が行われるリスクマネジメント体制になっています。

災害対策

緊急時に迅速に対応できる体制を構築

シスメックスでは、災害などの危機発生時における社会的責任の遂行と安定的な製品供給やサービスの提供を実現するために、生産、調達などの機能ごとに事業継続計画(BCP)を策定しています。また、災害対応に関する規程を制定し、緊急時に迅速に対応できる体制を整えています。

緊急連絡手段としてシスメックス株式会社で導入している「安否確認ツール」を国内関係会社にも導入し、グループ間での安否確認を迅速に行える体制も整えています。国内グループ間の各事業所にはデジタル無線機を設置し、通信途絶の際にも連絡が取れる仕組みを整えています。2015年度には、大規模地震に備え、南海トラフ地震を想定した安否確認訓練や、事業継続訓練として模擬訓練やワークショップをグループ全体で実施し、事業継続計画の実効性向上を図りました。

シスメックス株式会社が運用するグループのIT基幹システムについては、災害などに強い社外データセンターに配置するとともに、万一、災害等の発生時に通常稼働しているシステムがダウンした場合でも、速やかにバックアップシステムへ処理を移行できるように、ITシステム基盤を構築しています。

情報セキュリティー

意識向上とルールの運用定着を目的とする研修を継続的に実施

シスメックスでは、お客様や研究開発などの実験に協力いただいた方々からお預かりしている情報など、重要な企業秘密を保持していることから、企業秘密の漏えいをグループにとって重要なリスクの一つとみなし、その顕在化防止に取り組んでいます。

そのため、シスメックス株式会社と国内関係会社では、本部長以下の全従業員を対象として、情報管理の重要性に対する意識向上と企業秘密管理ルールの運用定着を目的とする研修を継続的に実施しています。2015年度には、企業秘密管理に関するeラーニングを実施したほか、マイナンバーに関するeラーニングを国内グループ全体で行いました。

CSRへ戻る