シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

リスクマネジメント

災害対策

体制

緊急時に迅速に対応できる体制を構築

シスメックスグループでは、災害などの危機発生時における社会的責任の遂行と安定的な製品供給やサービスの提供を実現するために、生産、調達などの機能ごとに事業継続計画(BCP)を策定しています。BCPでは、危機発生時でも医療機関において当社製品が安定して稼働し続けられるように、供給を優先すべき重要製品を選定しています。また、災害対策基本規程等の災害対応に関する規程やマニュアルを整備し、緊急時に迅速に対応できる体制を整えています。2016年4月に発生した熊本地震においては、実際にマニュアルに基づき災害対策支援本部を発足し、物流対応や機器復旧などを行いました。

緊急連絡手段として「安否確認ツール」を国内グループ会社にも導入し、グループ間での安否確認を迅速に行える体制も整えています。また、国内グループ間の各事業所にはデジタル無線機を設置し、通信途絶の際にも連絡が取れる手段を確保しています。2016年度には、eラーニングによる防災/災害時対応およびBCP周知教育や、安否確認訓練など、初動対応に関する模擬訓練を実施し、事業継続計画の実効性向上を図りました。

シスメックスが運用するグループのIT基幹システムについては、災害などに強い社外データセンターに配置するとともに、万一、災害などの発生時に通常稼働しているシステムがダウンした場合でも、速やかにバックアップシステムへ移行できるシステム基盤を構築しています。

リスクマネジメントへ戻る