シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

コンプライアンス

研究倫理

研究倫理

適正な研究開発活動の実施

シスメックスグループは、臨床研究開発やヒトゲノム・遺伝子の解析研究に取り組む企業として、「人間の尊厳の尊重」「個人情報の保護の徹底」などを基本方針とする「臨床研究開発及びヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理規程」を定め、法律・科学の専門家などの社外委員をメンバーに含む「研究倫理審査委員会」を設置し、研究内容を審査しています。委員名簿や審査結果は当社ウェブサイトで公開し、透明性を確保しています。また、動物実験および遺伝子組換え実験に関しても、「実験管理委員会」を設置し、実験計画が関連法規制に準拠しているかを厳格に審議しています。

動物実験に対する配慮

グローバルコンプライアンスコード(抜粋)
4-4 動物実験

動物実験を行うときは、動物愛護に関する各国・地域の法令等を遵守し、代替法の使用を優先的に検討したうえで必要最小限度にとどめるとともに、苦痛を軽減するよう十分配慮しなければならない。

シスメックスグループでは、グローバルコンプライアンスコードの「4-4 動物実験」に定めているとおり、動物愛護に関する各国・地域の法令等を遵守し、代替法の使用を優先的に検討した上で必要最小限にとどめるとともに、苦痛を軽減するよう十分配慮し、動物実験を行っています。動物実験は社内の業務基準に従って行っており、業務基準は公的な動物実験指針に準拠しています。準拠している指針等は以下のとおりです。

  • 動物の愛護及び管理に関する法律
  • 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準
  • 研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針
  • 動物実験の適正な実施に向けたガイドライン
コンプライアンスへ戻る