シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

コンプライアンス

コンプライアンスマネジメント

コンプライアンス体制

「正々堂々とした事業活動」を追求

シスメックスグループは、グループ企業理念である「Sysmex Way」に基づき、コンプライアンスを「法令遵守とともに高い倫理観にもとづいた正々堂々とした事業活動を行うこと」と定義し、グループの全役員・従業員が遵守すべき特に重要なルールや行動のガイドラインをまとめた「グローバルコンプライアンスコード」を制定しています。

「グローバルコンプライアンスコード」は、社内外の環境変化などに対応するため、定期的に見直しを行うこととしており、2017年5月に改定・施行しました。

グローバルコンプライアンスコード
  1. お客様への安全と安心の提供

    私たちは、全ての企業活動において、お客様への安全と安心の提供を優先して行動します。

  2. 公正な取引と自由な競争の推進

    私たちは、公正で自由な競争の推進に関する各国・地域の法令等を遵守し、お客様をはじめとした全ての取引先と公平かつ公正に接し、適切な条件で取引を行います。また、同業他社との関係においては、相互間での不当な取引制限や相手を貶める不正な行為を行いません。

  3. 公平・適正な情報開示と情報管理の徹底

    私たちは、グループの経営状況や事業活動などの企業情報を、各国・地域の関連する法令等に従い、公平、迅速、正確に、かつわかりやすく開示するとともに、事業活動を通じて収集された営業秘密は、第三者に不利益を与えることのないように厳重に管理します。

  4. 適正な研究開発活動の実施

    私たちは、研究開発を行うにあたっては、遺伝子その他研究開発における被験者のプライバシーを保護するなど、被験者の尊厳および人権を守り、各国・地域の関連する法令等を遵守するとともに高い倫理観をもって活動を行います。

  5. 知的財産権の尊重

    私たちは、グループの知的財産権と同様に第三者の知的財産権を尊重し、不正な方法で第三者の成果や営業秘密を入手したり、自らの業務に利用したりいたしません。

  6. 国際的な平和と安全の維持

    私たちは、各国・地域の輸出関連法令等を遵守し、国際的な平和と安全の維持を阻害する恐れのある取引には関与しません。

  7. 適正な会計処理と納税の実施

    私たちは、租税に関連する法令その他各国・地域の経理関連法令等を遵守し、常に適切な税務処理と適正な会計処理を行います。

  8. 人権の尊重と安全・衛生の向上

    私たちは、世界人権宣言、ILO 中核的労働基準等の人権に関する国際基準を支持し、一人ひとりの基本的人権を尊重し、差別や嫌がらせ等の行為を行いません。また、各国・地域の労働関連法令等を遵守し、職場の安全・衛生に努めるとともに、不当な労働を強制しません。

  9. 公私のけじめと利益相反行為の禁止

    私たちは、職務遂行において自己の利益を図ることはもちろん、グループの資産や物品ならびに情報などの不正利用や、グループの事業活動に不利益を及ぼす個人的な行為を行いません。

  10. 社会との健全な関係の保持

    私たちは、贈収賄禁止に関連する各国・地域の法令等を遵守するとともに、政治献金を行う際は、関連法令等を遵守し厳正に対応します。また、反社会的な活動や勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切関係を持ちません。

  11. 地球環境の保護

    私たちは、環境関連法令等を遵守するとともに、各国・地域の環境に関する国際基準等にもとづき、事業活動全般において環境に配慮した取り組みを行い、地球環境の保護と向上に努めます。

2017年5月改定

グループのコンプライアンス推進体制と運用状況について外部機関による評価を実施

社会情勢や各種の法規制を踏まえて、コンプライアンスに関する取り組みや規程の妥当性を確かめ、必要に応じて内容の見直しなどを行っています。2015年度には、グループのコンプライアンス推進体制の強化を目的として、コンプライアンス推進体制と運用状況について、外部機関による評価を実施しました。

この結果を基に2016年度は、主として海外のシスメックスグループの内部通報制度の改善・拡充を行いました。今後もグループ全体のコンプライアンス推進体制の強化に向け継続的な取り組みを行っていきます。

内部通報制度を設置

シスメックスグループでは、国内外で内部通報制度を設置し、運用しています。

国内においては、内部通報制度「カンパニュラライン」を設置し、コンプライアンス上の問題に関する相談を受け付け、早期に解決を図るようにしています。「カンパニュラライン」では、社内・社外の2つの窓口で、電子メール、郵便、電話による相談や通報を受け付けています。寄せられた情報は匿名で取り扱い、相談・通報者が不利益を受けないよう保護しています。なお、2016年度は13件の相談が寄せられ、それぞれの相談案件に対し、事実調査を行った上で適切に対処しました。

内部通報制度「カンパニュラライン」
内部通報制度「カンパニュラライン」

コンプライアンス教育

コンプライアンス教育を継続して実施

シスメックスグループ各社にコンプライアンス責任者を設置し、コンプライアンス教育を実施しています。入社した従業員に、グループにおけるコンプライアンスの考え方やグローバルコンプライアンスコードについて教育しているほか、管理職向けの研修や重点テーマ別のeラーニングを実施するなどしてコンプライアンス意識の浸透・徹底を図っています。

2016年度の主なコンプライアンス教育実績(国内)
  • 新たに入社した従業員にコンプライアンス研修を実施
  • 新任係長を対象にコンプライアンス研修を実施
  • シスメックスCNAの新任役職者を対象にコンプライアンス研修を実施
  • グループ会社で贈収賄禁止法に関するeラーニングを実施
  • グループ会社で競争法に関するeラーニングを実施
  • 「シスメックスプロモーションコード」の改定に伴うeラーニングを実施
  • 「シスメックスプロモーションコード」に関する研修を研究開発部門に実施
2016年度の主なコンプライアンス教育実績(海外)
  • グローバルコンプライアンスコード研修を実施
  • 贈収賄禁止法に関するeラーニングを実施
  • 競争法に関するeラーニングを実施
  • サンシャイン法に関する教育を実施
コンプライアンスへ戻る