シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

環境(環境への配慮)

生物多様性保全

生物多様性との関わり

シスメックスでは、中核事業の一つである試薬生産において水を原料として使用しており、また他にも事業活動を行うにあたり地球上の生物から多くの恩恵を受けています。そのため、地域の水源涵養に寄与する森林の保全を重要な社会的責任の一つと位置付けるとともに、生物多様性保全への貢献を目指しています。

森林保全活動

「シスメックスの森」を通じて、生物多様性保全に貢献

2013年度から、兵庫県が推進する「新ひょうごの森づくり」活動の趣旨に賛同し、森林整備活動をスタートさせました。試薬工場が立地する兵庫県小野市にある「かわい快適の森」(17ヘクタール)のうち、約2ヘクタールを借り受けて「シスメックスの森」と名付け、従業員ボランティアによる間伐作業などを実施し、「人といきものがともに憩える里山づくり」を目指しています。2017年度は、10回の活動を実施して、延べ205名が参加しました。

「シスメックスの森」での取り組み
取り組み 内容
生物多様性保全
  • 絶滅危惧種の保全(カスミサンショウウオ※1の生育環境の保全、アサギマダラ※2を呼ぶための植物の植え付けなど)
  • 希少な野生植物の保存(ササユリの栽培による種の回復)
教育・啓発
  • 子どもたちが自然との触れ合いを楽しめるプログラムを実施(自分たちの手でペイントした小鳥用巣箱の設置や、挿し木、野菜やシイタケ栽培など)
  • 環境省・農林水産省・国土交通省が主唱する「グリーンウェイブ」に登録(国連による「国際生物多様性の日」(5月22日)への参加呼びかけ)

※1 環境省レッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に指定されている小型のサンショウウオ。

※2 その多くが春に日本に飛来し、秋には台湾など南方に約2,000kmもの長距離を移動する珍しい渡り蝶。千葉県のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている。

写真:シスメックスの森シスメックスの森
(森林整備活動の参加者)

写真:シスメックスの森(希少な生物の保存)シスメックスの森(希少な生物の保存)

その他地域での活動

会社名 活動内容
シスメックス スペイン 再生可能エネルギーの推進と環境保全のため、バイオマスエネルギーのプロジェクトに参画
シスメックス ニュージーランド ヨーロッパ人の開拓により絶滅の危機に瀕したキーウィをはじめとする固有動植物をかつての状態に回復する取り組みを支援
シスメックス インディア 従業員による50本の植樹を実施

写真:ニュージーランドでのキーウィ保護活動支援ニュージーランドでのキーウィ保護活動支援

写真:インド試薬生産工場による植樹活動インド試薬生産工場による植樹活動

環境(環境への配慮)へ戻る