シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

経営・事業
2018年10月04日

理研ジェネシスが「Todai OncoPanel」のシークエンス解析を実施
~東京大学において、がん遺伝子パネル検査「Todai OncoPanel」先進医療開始~

   シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒 以下「シスメックス」)の子会社である株式会社理研ジェネシス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:近藤 直人 以下「理研ジェネシス」)は、このたび、国立大学法人東京大学(所在地:東京都文京区、総長:五神 真 以下「東京大学」)が独自に開発したがん遺伝子パネル検査を用いて行う、先進医療「遺伝子パネル検査(Todai OncoPanel)」におけるシークエンス解析業務を担うこととなりましたので、お知らせします。

 がん治療においては、がんの確定診断に加え、薬剤の効果予測や、再発モニタリングなどを目的に、遺伝子やタンパク質を用いた多くの検査が行われています。近年、なかでも、1回の検査で数多くの遺伝子を網羅的に解析することを可能とするがん遺伝子パネル検査が注目されており、相次いで開発されています。

 東京大学が独自に開発したがん遺伝子パネル検査「Todai OncoPanel」は、2018年8月1日から先進医療として臨床性能試験を実施することが承認されました。
 シスメックスの子会社である理研ジェネシスは、東京大学分子ライフイノベーション棟内に設立されたシークエンス室(衛生検査所登録済)の運営を行っており、今回の先進医療「遺伝子パネル検査(Todai OncoPanel)」におけるすべての検体は、本シークエンス室に収集され、理研ジェネシスがシークエンス解析を実施いたします。

 今後もシスメックスと理研ジェネシスは、患者さん一人ひとりに適した医療の実現に向け、新たながん診断法を一日も早く患者さんにお届けすることで、医療の発展と進化に貢献していきます。 

【参考】
   

2018年10月4日 東京大学 プレスリリース
「がん遺伝子パネル検査「Todai OncoPanel」の臨床性能試験を先進医療で開始」
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/press/press_archives/20181004.html

2018年10月4日 理研ジェネシス プレスリリース
「がん遺伝子パネル検査「Todai OncoPanel」の先進医療B開始に伴う当社シークエンス解析業務開始のお知らせ」
https://www.rikengenesis.jp/information/press.html

  
【注釈】
  ※ 

先進医療:
いまだ保険診療の対象に至らない医療技術のうち、厚生労働大臣の承認を受けたものを指す。平成16年12月の厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣(規制改革、産業再生機構)、行政改革担当、構造改革特区・地域再生担当との「基本的合意」に基づき、国民の安全性を確保し、患者さんの負担増大を防止するといった観点も踏まえつつ、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたもの。

  
以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る