シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

経営・事業
2014年06月10日

新たな機器生産工場「アイ スクエア」を兵庫県加古川市にオープン

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長:家次 恒 以下「シスメックス」)は、このたび兵庫県加古川市に新たな機器の生産工場「アイ スクエア」をオープンしました。
 グローバルでの検体検査機器の需要拡大に向け、関係会社の2工場の拡張を合わせて、グループの機器製品の生産能力を段階的に約3倍に増強します。

 シスメックスは、メイド・イン・ジャパンの高い技術力を活かし、生産システムの革新を図りながら、グループの機器生産の中核拠点である加古川工場および関係会社のシスメックスRA株式会社(長野県塩尻市 以下「シスメックスRA」)、シスメックスメディカ株式会社(兵庫県姫路市 以下「シスメックスメディカ」)で検体検査機器を生産し、世界170カ国以上のお客様にお届けしてきました。

 このたび、将来のグローバルでのさらなる検体検査機器の需要増加に備え、兵庫県加古川市に新たな機器生産工場「アイ スクエア」を設立しました。

 あわせて実施したシスメックスRAおよびシスメックスメディカの工場の拡張も完了し、このたび設立した新工場「アイ スクエア」および既存の加古川工場の4工場での生産体制に本格的に移行します。今後、シスメックスグループ全体での検体検査機器の生産能力を、段階的に約3倍に増強します。

 

 新工場「アイ スクエア」は、シスメックスグループの機器生産の基幹工場として、高機能モデルを効率的に生産します。加えて、グループ全体の機器生産技術の向上を目指し、各工場の支援や技術強化に取り組みます。

 また、世界中のお客様の需要にタイムリーにお応えするため、新工場内に倉庫機能を設け、コンテナ積載、通関手続きまでを一貫して行い、神戸港より輸出することでロジスティクスの効率化を図ります。

 

 環境影響を軽減するため、エコ素材の利用、省エネ設計や太陽光発電パネルの設置を実施しております。

 また、地震発生時にも、生産インフラや倉庫を保護し、お客様への製品供給を継続するため、免震構造などを採用しております。

 

 シスメックスは、今後も世界中のお客様に、メイド・イン・ジャパンならではの高品質、高付加価値の製品を安定的にお届けし、人々の健康に貢献していきます。

【アイ スクエアの概要】
 所在地:

兵庫県加古川市野口町水足262-11

 名称: アイ スクエア(i-Square)
 総面積: 約3万平方メートル
 稼働時期:  2014年6月


【アイスクエア全景】 アイ スクエア全景      





以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る