シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

経営・事業
2012年03月29日

国内の試薬生産拠点 小野工場新工場棟を竣工
~従来の約1.5倍の生産量に~

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:家次 恒 以下「シスメックス」)は、国内市場における今後の需要増加・生産量拡大に備えるとともに、2011年5月に発売を開始した「XNシリーズ」に採用した濃縮試薬などの生産に対応するため、試薬生産拠点であるシスメックス国際試薬株式会社の小野工場(兵庫県小野市)の新工場棟の増改築、設備増強を実施いたしました。生産能力を引き上げ、約1.5倍の生産量に対応できる試薬工場として2012年4月から生産稼動いたします。

 小野工場は、シスメックスの試薬生産拠点として1991年に操業を開始しました。当時より、ヘマトロジー分野を中心に当社の主力分野の試薬生産を担っており、国内市場を中心に世界中のお客様に安定的に商品をお届けしてきました。また、海外の試薬生産拠点に先駆けて生産設備の自動化や生産ラインの拡張を行うなど、市場の状況、需要変動をとらえ戦略的に取り組んでいます。


 この新工場棟では、これまで以上により確実にお客様に商品を安定供給するため、タンク室、秤量室などの生産エリア、設備の増強を行いました。また、商品の梱包形態ごとに生産エリアの再配置を行うなど、需要変動や新商品の生産にも柔軟に対応できる拡張エリアも確保しました。

 さらに、新商品「XNシリーズ」より新たに採用した濃縮試薬を含む試薬パッケージ(紙パックおよびカートリッジ試薬)に対応した新たな自動生産設備を導入し、生産効率の大幅な向上を図ります。


 新工場棟の一部スペースには新たな生産技術開発のための実験エリアを設け、今後は、生産技術開発と生産現場がタイムリーに連携できる体制を強化いたします。これにより、お客様のニーズ、ユーザビリティ向上のための容器・梱包のエコ化、統一化を推進していきます。


 今後も引き続き、小野工場をグローバルでの試薬生産イノベーションの発信拠点として、商品の安定供給、効率的な生産を目指します。


※「XNシリーズ」については以下のリリースをご参照ください。
http://www.sysmex.co.jp/corporate/news/2011/110510b.html
2011年5月10日リリース
「ヘマトロジー分野の新モデル「XNシリーズ」グローバルで発売
~絶対的なヘマトロジーグローバルNo.1の地位確立を目指して~」


【概要】
  所在地: 兵庫県小野市
  投資総額(設備・建物): 9.9億円
  稼働予定: 2012年4月

完成イメージ:



以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る