シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

製品・サポート
2011年05月10日

ヘマトロジー分野の新モデル「XNシリーズ」グローバルで発売
~絶対的なヘマトロジーグローバルNo.1の地位確立を目指して~

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:家次 恒 以下「シスメックス」)は、このたび新モデル「XNシリーズ」をグローバルに発売します。「XNシリーズ」の新たなラインアップにより、お客様のさまざまなニーズに対応したソリューション提案をさらに展開していきます。今後も、シスメックスならではの強みを活かし、新たな価値を提供することにより絶対的なヘマトロジーグローバルNo.1の地位確立を目指します。

 近年、先進国においては高齢化の進展にともなう医療の高度化、新興国においては人口増加や経済発展にともなう医療インフラの整備など、検査に対する需要は年々増加し、ニーズも多様化しています。
 
 シスメックスでは、創業より、採取した血液中の赤血球・白血球などの数や種類、大きさを測定・分析し健康状態をチェックするヘマトロジー分野を主力分野と位置づけ取り組んできており、現在ではヘマトロジー分野においてグローバルNo.1のシェアを有しています。
 
 このたび発売の新製品「XNシリーズ」は、クリニカルバリューの向上を目指し、体液測定モードを提供するほか、血小板減少症などの疾患に有用な低値血小板数の測定精度を大幅に向上させました。
 ユーザビリティ面においては、「モジュラーコンセプト」※1を採用しました。複数台の分析装置や、検体搬送装置、塗抹標本作製装置など個々の製品を自由自在に組み合わせることで多彩なラインアップを実現し、お客様のさまざまなご要望に対してソリューション提案が可能となります。また、当社ポートフォリオの新たなデザインコンセプトとして「サイレントデザイン®」※2を導入しました。お客様の動きを考慮し、お客様によりよい検査環境を提供するために設計した人間中心設計のデザインで、操作パネルの簡便化など操作性を大幅に向上させました。さらに、コンパクトなデザインを実現することで、シリーズ最上位機種である搬送システムでは設置面積を従来に比べ約20%※3縮小することに成功しました。
 
 上記に加え、「XNシリーズ」の特長のひとつとして、オンラインサービスのさらなる充実を図りました。SNCS®※4と接続することにより、稼動中の製品の使用状況をオンラインでモニターすることで動作状況を把握することが可能となり、機器の各部センサーを分析することにより、予防保守を実施し、突発的な故障を未然に防ぐことを目指します。
 さらに、同時発売の25倍希釈の濃縮試薬と試薬調製装置「RU-20」を組み合わせてご使用いただくことで、一部の試薬においては、交換回数を大幅に低減させることが可能となります。これにより、特に検査センターや大学病院など一日の処理検体数が多い施設においては、作業の効率化や試薬の在庫スペースの軽減に貢献します。なお、試薬容器を従来のポリエチレンから紙パックに切り替えるなど、環境面にも配慮しています。
 
 今後も、シスメックスならではの強みを活かし、新たな価値を提供することにより、絶対的なヘマトロジーグローバルNo.1の地位確立を目指します。また、フロントランナーとして、先進技術を積極的に活用するとともに、継続的に研究開発に取り組み、次世代のヘマトロジーをリードする役割を担うべく、今後も成長を持続してまいります。
【新製品の概要】
名称: 多項目自動血球分析装置 XNシリーズ
対象市場: 全地域
発売時期: 2011年5月 (各国の許認可取得後、順次発売)
システム名
・XN-1000(シングルモジュール)
・XN-2000(ツインモジュール)
・XN-9000(搬送システム)
 
 
 
【特長】
   ・クリニカルバリューを向上
   ・「モジュラーコンセプト」を採用 
   ・新たなデザインコンセプト「サイレントデザイン®」を導入 
   ・オンラインサービスの質の向上 
   ・環境面へ配慮した紙パック試薬、濃縮試薬を採用
 
 

【外観】

XN-1000

XN-1000

XN-2000

XN-2000

XN-9000

XN-9000

【用語解説】
  ※1 個々の製品を組み合わせることで、多様な製品を生み出すことが可能。また、検体数に合わせ自由自在に増やすことも減らすこともでき、お客様の要望に合わせた提案が可能。
  ※2 お客様のことを考え、使いやすい環境を作り、時代に左右されない価値を提供することを目指した、当社製品のデザインの基本的な考え方。XNシリーズでは長くご愛用いただくためすべての製品群に適用しています。
  ※3 当社従来製品(HST-N301)とXN-9000(搬送システム)を比較した場合。
  ※4 「Sysmex Network Communication Systems」の略で、お客様の分析装置と、当社のカスタマーサポートセンターをインターネットでオンライン化することにより、リアルタイムの外部精度管理・装置状態の自動監視や、Webによる情報提供を行なうサービスのこと。

以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る