シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

研究・開発
2010年10月08日

経済産業省 特許庁より平成22年度「知財功労賞」として「経済産業大臣表彰(特許活用優良企業)」を受賞

   シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:家次 恒)は、このたび経済産業省特許庁より、平成22年度の知財功労賞として、「経済産業大臣表彰(特許活用優良企業)」を受賞しました。
 
 知財功労賞は、経済産業省特許庁が産業財産権制度の普及促進および発展に貢献した個人や企業を表彰するもので、経済産業大臣表彰と特許庁長官表彰があります。産業財産権制度は、明治18年に専売特許条例が公布されてから今年で125周年を迎え、記念式典が表彰式とともに実施されます。
 
 主な受賞理由は以下の通りです。
 
<受賞理由>(抜粋)
 血液検査、尿検査などに必要な機器・試薬やソフトウェアの研究開発・製造販売をおこなっており、血球計数検査分野(ヘマトロジー)では世界シェア第一位を誇る。
 「知的財産活動は研究開発と事業展開の自由度を確保し経営に資することを目的とする。」を知財活動の基本理念とし、知財活動(出願、訴訟など)について、執行役員会議で常に報告することで社内全体の知財意識向上を図っている。
 研究開発者に「優しい」、「グローバルな」、「信頼される」、知財活動を目指し、研究開発現場への知的財産部員の配置や計画的な出願検討会を実施するなど、研究開発活動において創造された知的財産を迅速に価値ある権利とすべく、様々な取組を行っている。
 毎年特許出願戦略を策定して実践し、事業のプラスになる技術は確実に権利化を図っている。
 
 今後もシスメックスは知的財産を重要な経営資源と位置づけ、積極的な知的財産活動を実施していきます。
 
平成22年度「知財功労賞」の詳細については、特許庁ホームページ(http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/hiroba/h22_tizai_kouroushou.htm)をご覧ください。
 
 
以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る