シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

ガバナンス

コンプライアンス

いつまでも誠実なシスメックスグループであり続けるために

企業が社会的責任を果たしていく上で欠くことのできない、そして最も基本的な責任がコンプライアンスです。
シスメックスでは、コンプライアンスを「法令遵守とともに、高い倫理観にもとづいた正々堂々とした事業活動を行うこと」と定義し、お客様をはじめ、様々なステークホルダーの皆様方から誠実な企業として高い信頼をいただくために、コンプライアンス推進体制の整備やしくみづくり、コンプライアンス意識を高めるための教育・啓発活動等に取り組んでいます。コンプライアンスに関する取り組みの詳細はこちらへ。
 

コンプライアンス推進体制

シスメックスでは、2003年よりコンプライアンスに関する社内ルールの整備や従業員のコンプライアンス意識の向上などに取り組んでいます。
また、コンプライアンス委員会の委員長をグループのコンプライアンスに関する統括責任者としてグループ全体のコンプライアンスを推進しています。

■コンプライアンス体制

コンプライアンス推進の取り組み

シスメックスで働く一人ひとりが、コンプライアンスをごくあたり前のことと認識し、そしてあたり前に実践できるようになること。それが、シスメックスが目指すコンプライアンス活動です。
シスメックスでは、従業員等への教育・啓発活動をコンプライアンス推進のベースと位置づけ、新入社員教育、階層別教育などの機会をとらえ、グローバルコンプライアンスコードに則った行動の浸透を図っています。グローバルコンプライアンスコードはシスメックスが事業を展開していくうえで特に重要な行動規範を定めたものです。適用範囲は全グループ会社で、日本語だけではなく英語をはじめとした多言語に翻訳されています。また、公正な取引の促進、贈収賄・インサイダー取引・差別嫌がらせの禁止など、グローバルコンプライアンスコードを詳しく解説したガイドブック等の教育ツールの充実を図り、各部門、各社での自主的・計画的な教育・啓発活動を推進しています。
また、シスメックスでは、従業員がグローバルコンプライアンスコードに違反しているもしくはコンプライアンス上問題があると感じた時に相談・通報できる窓口を設置しています。グループ内の担当者が受け付けるグループ内ラインと、社外の弁護士事務所に委託した社外ラインとの2つのラインを設けており、相談や通報は、電子メールや電話等で受け付けています。受け付けた内容は匿名で処理され、相談・通報者が特定されないように細心の注意を払っています。

AdobeReader

PDFファイルを表示したり印刷していただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。
お持ちでない方は左のバナーをクリックしてください。無償でダウンロードできます。

ガバナンスへ戻る